原稔、依子

原稔、依子

原稔、依子 二人WEB展、

初日25日はたくさんの方にご参加いただき

誠にありがとうございました。

 

システム的制約がない誰でも購入できる状況下で

当選者の方を優先してのオンライン販売なんて

ほんとに実現するのか?!

 

本当にドキドキしました。

何度も書きましたが、お客様のモラルに頼るような形での開催。

 

1週間ぐらい前から夢に見ました。

知らない人の注文が殺到する、サーバーが混雑して閲覧できなくなる、

鳴り続ける電話、謝罪のメールを書き続ける…

直前までこのやり方でよかったのかなぁと迷っていました。

 

それが、なんということでしょうか。

みなさん、素晴らしすぎないですか?!

あの長く細かいお願いごとだらけの要項をきちんと読んでいただいて、

大きな問題もなく無事に初日が終わった達成感!

今回ご参加いただいたみなさんで作り上げた初日だと思います。

お店に来られることがあったら、ハイタッチしたい!

 

数件、フライングのご注文がありましたので、

すぐにキャンセルの処理をし急いでお電話でお知らせすると

「わー!すみません!やりなおします!」

 

表示が重くてアクセスできないなどでお客様数名の方から

お電話があり、お話させていただきましたけども

「時間、待ちますのでがんばってみてください〜!」

「わかりました!」

という感じでとても協力的に接していただきました。

 

今日も続々とみなさんからのあたたかいメールが届いています。

本当にありがとうございます。今後の励みになります。

すべてのメールにお返事はしておりませんが、

届いたメールはすべて読ませていただいています。

 

その中で感じることは、顔の見えない距離のお客様はこんなに多いものなのか。

ということです。

 

お子さんがいらっしゃって、なかなか好きな作家さんの個展に行けないとか

遠方に住んでいて、なかなか個展が開催される機会がないとか

そういうお客様からのメッセージが本当に多くて、

お店を開けることが叶ってからも、こういうWEB展みたいなものを

開催してもいいのかなと思いました。

 

なかなか作家さんのものは、作れる点数がきまっているので、

できるだけ多くの方にと思っても、ご期待に沿えないこともあって

むつかしいこともあるんですけど、

ひとつ考えていきたい可能性ではあったかなと感じてます。

 

年内の予定、いつまでWEB展になっていくのかわかりませんけども

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

 

 

余談ですが…

自粛生活に任天堂Switchがほしいなと日々チェックしているのですが、

今日、Amazonで定価のSwitchが入荷して、見た瞬間、

カートにいれて会計しようと思ったらアクセス過多でつながらず、

結局買えませんでした…

「カートに入ってたのに!!なんとかならないのー?!」

買えなかったお客様のお気持ち…………くやしいですね(涙)

懲りずにまたお付き合いくださいませ。m(_ _)m

 

PAGE TOP

現在使用しているテンプレートファイル:single.php