クラフトフェア松本:工芸の5月

日本で一番歴史があって、お客様も出展作家数も多い、

年に1回のクラフトの最大イベント。

クラフトフェア松本に行ってきました。

大阪から新幹線で名古屋まで、そこから特急しなので松本まで。

会場のあがたの森までは、歩くととても遠いので、バスがあります。

それに乗って、びゅーんと。

あがたの森というところは、正式にはあがたの森公園といって、

その公園内に重要文化財「旧松本高等学校」校舎を保存してあって、

その場所を、市民の教育文化活動に活用している施設だそうです。

クラフトフェア松本

クラフトフェア松本

クラフトフェア松本

そのシックな佇まいとは裏腹?に、

あがたの森公園は入り口からもう、人・人・人!

クラフトフェア松本:あがたの森

ものすごい熱気に包まれたクラフトフェアです。

言葉でいろいろ書くよりも、実際にどんな展示だったのか、

ここからはたくさんの写真でご紹介です。

(もうだいぶん前のことで忘れた…ということではありませんのですよ!)

クラフトフェア松本:村上雄一さん

クラフトフェア松本:村上雄一さん

4月の企画展でご参加いただいた村上雄一さん。

このクラフトフェアでは、白磁以外のうつわや、新たな取組を見せていただきました。

やっぱりつくり手に直接会って話を聞くのは絶対必要だなーと思いました。

クラフトフェア松本:叶谷さん

クラフトフェア松本:叶谷さん

クラフトフェア松本:叶谷さん

クラフトフェア松本:清岡さん

クラフトフェア松本

クラフトフェア松本:落合さん

クラフトフェア松本:落合さん

クラフトフェア松本:八木橋さん

クラフトフェア松本

趣佳にご縁がある作家さんもたくさん出展していらっしゃって、

ごあいさつに回らせていただいたり、作品は知っていても、ご本人にお会いしたことがない

作家さんにもごあいさつさせていただいたり、もちろんあたらしい作品との出会いがあったり。

この日はとっても暑くて、お客様も大勢いらっしゃって、砂埃も舞って、もうクタクタ…

でも、こうして写真で振り返ってみると、また行きたいなぁと思います。

クラフトフェア松本:小峠貴美子さん

クラフトフェア松本:小峠貴美子さん

 最後は、昨年の12月の企画展にご参加いただいた小峠貴美子さん。

1日目のお昼すぎには、すでに品薄状態に…。

クラフトフェアはやっぱり初日に行くべきだと思いました。

 

余談ですが…

小峠貴美子さんのこの展示棚。

なんと、趣佳の什器を担当していただいているSTOCKさんの力作です。

 > 展示棚の詳細はこちらから

あらたな縁がつながって、うれしい限りです。

 

クラフトフェア松本は、また来年の5月。(突然の中止などがなければ)

もしよければ、みなさんも足を運んでみてください。

たーくさんの作家が出展していますから、あらたな出会いが、きっとあります。

 

 

 

PAGE TOP

現在使用しているテンプレートファイル:single.php