tamaki niime in japan

あたたかで、いとおしいもの。

兵庫県西脇市の地場産業として有名な播州織。
玉木さんはその地で、あたらしい解釈の播州織の開発に携わられています。
「ブランドとして生地を大切にしていきたい。肌さわりのよいものはみんなが喜んでくれます」
大きなヴィンテージのベルト式力織機から一枚一枚、自由な感覚で織られるショール。
生地の肌ざわりのよさにこだわって、糸の1本1本に空気を含ませるようにゆるくゆるく織り上げていきます。

肌さわりのよさに加えて、先染の糸の色の美しさとその配色センス。
「まるで一枚の絵画のように、作品の中に”間”が感じられる、そんなデザインを心がけています。」

男性、女性、ときには年齢や国籍も超えた方々が自由に巻ける、軽くてふわりとやさしいショールです。

ご購入はこちらから

このページのトップへ

syuca.jp

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます © syuca.jp All rights reserved.