いつもの、うつわ。

今から15年ほど前、僕は大学で陶芸を専攻していました。当時の大学の授業では、陶芸を表現の手段という位置づけで捉えていた様な気がします。先生も前衛の作家でしたので、僕たちも迷わず機能のないアートとしてのオブジェなどを作っていました。

卒業後に就職した陶芸の施設でも、周りはみんなオブジェを作ってコンペなどに出展していました。環境がそんな風だったので、より斬新で他人が作れないようなものを作るのが陶芸作家だと思っていました。しかし、それが売れていくという事はほとんど無く、そのことに何の疑問も持たず「プロ」を目指しているという自分に嫌気がさしてくるようになり…いろいろ行き詰ってきました。

そして、結婚を機に、生活を支えるためにうつわを作り始めました。うつわを作っていると、買ってくれた人が料理をして使ってくれます。最近では注文もいただけるようになり、それが社会との繋がりが実感でき、とても快感になりました。また、その頃、大学時代の先生が本業のオブジェを制作するの傍ら、奥さまと一緒に粉引のうつわに取り組みました。それがすごく好きな作品だったので、自分もうつわを作り出した当初は高台を極端に小さくしたり、釉薬をガサガサにしたり…。今から思えば、使いやすいものを作ろうという気持ちはなく、自分オリジナルなものを作ろうということばかりに気をとられ、結局はオブジェの延長だったんじゃないかと…。自分が一体何を作りたいのかが解らなくなり、すごくつらい時期がありした。

器作りのヒントを一番得られるのはやはり普段の食事だと思います。自作のものも多いですが、他の方の作ったものもたくさん持っています。料理を盛ったり、食べたり、洗ったりするうちに使いたいと思う器がうっすらと見えてきたような気がします。あれだけこだわってきた形も今はだんだんとシンプルで一般的なものになっていきました。器の形って古いものを見ても基本的に今と殆ど変わらず、普遍的なもので、あえて変化させなくていいんじゃないかと思うことがあります。

その代わり、焼きと素材にはこだわる。土は岸和田の土を使っていたり、工房の大家さんが栽培しているブドウを剪定したときにでる枝をいただいて、それを燃やした灰を釉薬に使ったりしています。それらの材料がどういった成分でどう発色するか・・などはあまりこだわりがなく、それよりも与えられた素材で何を作るか、その素材をどう活かすかというモノづくりに意義を感じています。

僕がうつわを作るときによく思うのは「スープが似合う器」です。スープが似合うと言うだけでいい器のような気がしています(笑)そういえば、最近は、うつわにサインを入れるのを辞めています。うつわを見ていただいたときに「八田亨のうつわ」だとわかって欲しいという思いからです。これからも、自分のうつわを追求し続けたいと思います。

八田亨

ご購入はこちらから

このページのトップへ

syuca.jp

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます © syuca.jp All rights reserved.