Report-レポート. でかけたいろいろの記録です

鈴木稔さんの窯出しと益子散策。(栃木県)

2015年5月13日

DSC09689

 

益子陶器市をまわり、鈴木稔さんのオープンアトリエへ

参加した翌朝、再び鈴木稔さんのアトリエへ集合し、

窯出しに立ち会いました。

 

鈴木稔さんの薪窯は2011年の震災のときに

倒壊し、2014年に再建しました。

再建してから5回目の窯を焚き、この日が窯出し。

窯を焚く度に試行錯誤して、自分が求める

焼き上がりになるように火の動きを研究します。

前回の窯焚き結果がよかったから、

今回も同じにした…とのこと。

窯の中の火をコントロールできるなんて、

わたしには想像がつきません。

 

なんにせよ、誰もこの窯の中の結果を知らない。

すごくいい焼き上がりかもしれないし、

思うようにはいかなかったかもしれない。

緊張と興奮の儀式です。

薪窯の窯焚きに立ち会ったことはありますが、

窯出しは初めてで、

実は楽しみすぎて、前の日はほとんど眠れませんでした。

 

入り口に積み重ねたレンガをゆっくりと

取り去っていきます。

 DSC09691

DSC09694

DSC09695

DSC09697

少しずつ中の様子が見えてきますが、

「まだ見ない」と鈴木さん。

早く見たいというはやる気持ちを抑えます。

 

入り口のレンガを取り去り、最初にみえた景色は、

たくさんの作品にかこまれて立つマリア様。

DSC09698

DSC09701

マリア様がこの窯の中を守ってくれていたようです。

 

中の作品に手を伸ばして窯の外へだしてみます。

DSC09704

DSC09705

DSC09706

とてもきれいな焼き上がり。

でもそれがOKなのか、NGなのか、わたしにはわかりません。

わたしの目にはいい焼き上がりに見えるけど、

鈴木さんはどうなんだろう。

 

窯から出した作品を外の光にあて、

角度を変えながらじっくり眺めます。

そのあと、満足気な表情。

安堵の瞬間でした。

窯出しを見学させていただくにあたって、

あまりよくなかった結果を聞いたこともあったので、

もし今回がそれで、鈴木さんの表情が曇りがちだったら

とてもいたたまれないので、鈴木さんにとって

満足の行く結果だったらいいなぁとずっと思っていたので

ほっとしました。

 

 

まだ熱い窯の中へ入り込んで、ひとつひとつ

作品を取り出し、アシスタントの方々が

かわるがわる受け取っていきます。

DSC09708

DSC09710

DSC09711

DSC09712

みんながみんな受け取った作品をついついまじまじと見つめて

「いい色!」とか「かっこいい…」とか

言い合うので、なかなか進みません。

でも、これが楽しい作業。

これ、誰の作業?

あたしかもしれません!

いや、俺かもしれないなぁ…

なんて言い合いながら穏やかに進みます。

明るくてかわいらしいアシスタントさんたち。

いい工房でうらやましい。

DSC09768

DSC09744

DSC09749

DSC09763

 

休憩で冷たいお茶を飲みながら、焼きあがった作品を眺めます。

DSC09784

DSC09703

DSC09716

同じ釉薬でも、火のあたり方によって違う色合いになります。

黒に近かったり、青みが増したり。

美しいグリーンが、焼き過ぎると白っぽくなったり。

それがダメかというとそうじゃない。

どれもその作品でしか見られない

かけがえのない表情をしています。

 

よく聞く言葉ですが、

みんなちがって、みんないい。

なんだか人間に近いなぁ。

そうだ、そういうところに惹かれて、

面白みを感じてこの仕事を始めたんだと

思い出しました。

いろんなことを感じて、考えた時間でした。

 

500点余の作品を取り出し、

この中から趣佳で販売する作品を

選んでもいいですよ。

と言っていただいて興奮。

DSC09810

DSC09790

DSC09789

DSC09787

DSC09782

 この色と形はあのお客さまに

喜んでいただけそう…

あー、これはきっと何枚あってもいい!

ていうか、うちに欲しい!

でも、この後、個展を控えてらっしゃるから、

新作を全部…なんていう取り方はできないな…

など、いろんなことを頭にめぐらしながら選びました。

 

趣佳のお客様に喜んでいただけるような

いい子たちをいただいてきましたから、期待していてください。

しかし、わたしが選ばせていただいた作品が

すべて届くかは鈴木さんの個展の構成次第。

この窯出しの数日後に個展を控えておられるのです。

実は今回はその個展用の作品をつくるための窯焚きでした。

どうかできるだけそのままで届いてくれますように!

 

 

その後、陶器市会場近くまで送っていただき、

平日で昨日とは打って変わった

人のゆるやかな陶器市会場を散策し、

益子訪問の度に行くんだけど、いつもお休みだった

ヒジノワでお茶休憩。久しぶりに入れました。

DSC09817

DSC09818

DSC09823

 

その後、いろんな方から評判を聞いていたpejiteへ。

DSC09833

DSC09832

古い蔵を改装したという雰囲気のある空間に、

メンテナンスの行き届いた佇まいのいい古家具が

静かにそこにありました。

この空間の中にいるだけで、しあわせを感じてしまうような

 お店です。益子訪問の際はぜひ!

 

そして、夜は下館駅へ移動。

翌日の笠間・陶炎祭ひまつりに備えます。

 

(つづく)

 

Report Index

コメントをどうぞ

Comments are closed.

この記事へのコメント

コメントはまだありません

TOP

このページのトップへ

syuca.jp

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます © syuca.jp All rights reserved.