Blog.

金継ぎワークショップ開催のお知らせ(5月、6月、7月)

2018年3月23日

 IMG_0406

 金継ぎワークショップ

5月〜7月にかけて、第3回 金継ぎのワークショップを

開催させていただくことになりました。

 

 - 過去の開催レポートはこちらから

  金継ぎワークショップ1回目終了しました。

  金継ぎワークショップ2回目終了しました。

  ※完成の最後の回のレポートは近日公開予定です

 

1回4名様までの、少人数制でしっかりと先生にご指導いただきます。

初めての方も、お気軽にご参加ください。

また、本漆をつかった本格的な金継ぎを学んでいただけます。

大切なうつわを、自分自身で修復することで、長くお使いいただけますし、

金継ぎを施すことで、自分だけの1点モノになります。

この機会に、ぜひぜひ、ご参加くださいね!

一緒に金継ぎを学びましょう^^

 

金継ぎワークショップ(基本の欠け修復)

 

欠けてしまったうつわを自分で修理しませんか? 
1回4名様の少人数制のワークショップです。

※今回は割れたうつわの修復ではなく、欠けたものだけのコースです。

 →自由に学ばれたい方は、安さんのお教室へ

 

◇講師プロフィール:

漆工藝 修復士  安(やす)さん
2005年 D&DEPARTMENT TOKYO に参加。退社後に渡米。
帰国後、東京藝術大学 美術研究科 文化財保存学専攻 保存修復工藝 漆工藝 修了。
現在、漆工藝の修復、修理、金継ぎの仕事に携わる。

趣佳では、安先生のブログを更新いただいています。
→ 金継ぎ教室_安先生の読みもの

 

>> 3回連続のワークショップになりますので、すべての日程にご参加下さい。 

 

◇ 第1回目  道具つくり、作業(欠け埋め)、宿題説明(約3時間)

 2018年5月15日(火) 午前 11時〜

◇ 第2回目  作業(金属粉を蒔く)、宿題説明(約2.5時間)

 2018年6月19日(火)  午前  11時〜

◇ 第3回目  作業(磨く)(約1.5時間)

 2018年7月17日(火) 午前 11時〜

 定員4名。満席(4月3日現在)

 

持ち物:
欠けたうつわ1点〜3点(5mm程度。大きさ要相談)、
ウエス(古いTシャツ1枚分ぐらいを10cm四方にカットした生地)、
汚れが気になる方はエプロン、 
うつわを持って帰れる箱(作業途中のうつわを持ち運ぶことになります)、
筆記用具

 

全3回分の費用: 21,600円 税込(内訳: 材料費 7,560円+講師料 14,040円)

 

※すでに金継ぎの道具をお持ちの方も、初回はこちらで揃える材料をご購入いただきます。

※天然の漆を使いますので手がかぶれる場合があります。ご了承下さい。

 

予約受付、お問合せはこちらから

→  TEL:06-7503-2508

→  問合せフォーム

 

どうぞ、よろしくお願いします。

 


IMG_0446

 

 

Blog Index

コメントをどうぞ

Comments are closed.

この記事へのコメント

コメントはまだありません

後藤睦、とりもと硝子店、船串篤司

玉木新雌 tamaki niime

営業日のお知らせ

金継ぎワークショップ

玉木新雌 tamaki niime

安土草多

平岡仁

CraftmanShip ものと、ものを作る人、その技術とこだわりについて。

TOP

このページのトップへ

syuca.jp

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます © syuca.jp All rights reserved.