Blog.

趣佳のはじまりのお話。4

2017年9月5日

IMG_2016

 

趣佳のはじまりのお話 1はこちらから

趣佳のはじまりのお話 2はこちらから

趣佳のはじまりのお話 3はこちらから

 

展示会や常設のお話を進めている間、

特急で、しかもお金をかけずにせねばならないものがありました。

それは、部屋の改装です。

今回は改装と什器について書きます。

お店をはじめるってたいへんですね(汗)

 

enbi

写真ではわかりにくいかもしれませんが、

入居当初のメリヤス会館の部屋は壁がうっすらと

クリーム色で、床がはげしい木目調の塩ビでした。

賃貸でしたが、原状復帰はほとんどしなくてもいいということで

どのお部屋も、入居者独自の改装が施されたおもしろいビルでした。

というわけで、うちもやってみることに。

お金をかけず、最小限の改装を!ということで、

まずは壁を白く塗りました。

 

空堀商店街のときもそうでしたが、

お店の改装にはDIYがつきまといます。

毎回やっているので、DIYが好きなんですね〜なんて

いわれることもありますが、大の苦手です。

ペンキを塗ることもやったことがない、釘すら打てないわたしです。

ここは得意な友達にお願いして、協力してもらいます。

 

短大時代から付き合いのある友達、O夫妻。

IMG_2014

IMG_2015

壁に塗る道具を買い揃えて、

脚立にあがれないわたしの代わりに

高いとこ塗ってもらって…

ほとんどやってもらったと言っても過言ではなく…^^;

本当に、助かりました。

 

さて、次は塩ビの床。

どうしても塩ビがイヤだった。

同じ階の人達に聞いたら、きっと下から木の床が出てくるよと。

ホントに?

うーーーーん、ちょっとだけめくってみようか!

と、やっちゃった写真がこれです。

 IMG_2109

下から木の床でてきたーーーーーーー!

たぶん、4階が作られたときの最初の床ではないか…ということでした。

 

下から木の床がでてきたとはいえ、

部屋全部をわたしひとりで剥がすのは大変すぎる…

そのときはまだ趣佳のお店の手伝いをしていなかった

おーたさんにお願いしました。

________

ota-san

ota

スタッフ紹介はこのページ下部へ

________

 

しかし、この床、一筋縄では行かず、

5層にわかれた複雑な床で、廃材がすごい量になりました。

おーたさんもへろへろ。

メリヤス会館の社長さんもびっくり。

何度も様子を見に来られました。(すいません…)

しかも、親の敵?!といわんばかりのめちゃくちゃな数の

釘が打ち付けてありました。

それを一個一個抜いたり打ち付けたり…

危なくないように仕上げていきました。

 

全部塩ビの床を剥がし終わったときの部屋の様子をみて

一番最初に思ったことはやったったー!ってことではなく、

「やってしまった…」でした。

もうこれであと戻りはできない。

このボロボロの床をなんとかキレイにしないと…!

 

高校の先輩で塗装業をされている方がいらっしゃったので

塗料についていろいろ聞いていくうちに

「おれ、いこか?」と。

床なんか塗ったことがない、

コーナンなんてほとんど行ったことがない、

時間がない、お金がない

わたしに断るという選択肢はなく、、、

ものすごく甘えました…。

IMG_2167

そして、塗装で見違えるようにきれいになりました!

IMG_2171

 

はー、やっと部屋は整った。

この時点で8月初旬ぐらいかな?

次は什器です。

雰囲気のいい什器がほしい。

でもお金がない。

考えに考えて出した結論は「借りる」でした。

趣佳をショールーム代わりにしてもらうという方法。

だれに???

 

会社員時代、たまに遊びに行っていたロハスフェスタ。

そこで展示していた鉄の家具。

ヴィンテージの生地をつかったイスなどおしゃれで印象的でした。

あの人たちを探そう。

ネットで検索ワードを駆使してホームページを見つけました。

STOCKっていう名前だったのか〜!

メールで問合せます。

ロハスフェスタで見てました。ステキな家具。

什器として借りることはできませんか?

展示していて、注文が入ればマージンを取ることなく、

お客様をご紹介します。

そんな内容だったと思います。結構長めのメールを書きました。

会ったこともないのに厚かましいかな〜と思いながらも、

他に手立てがありませんので、送信!

そしたら、早速打ち合わせに来てくれました。

 

そのときに来た女性がふたり…と、赤ちゃん1人。

打合せに赤ちゃんキタ…とびっくりしてましたが、

(しかも1時間ぐらい遅刻してきた)

その赤ちゃんを抱えながら、

メリヤス会館の階段をヨレヨレであがってきた

STOCKのメンバーのひとりが、

今、趣佳で働いてくれている maki さんです。

________

maki

 maki

スタッフ紹介はこのページ下部へ

________

 

どんなご縁があるかわかりませんね〜。

そのときの打合せも順調に進み(というか、ほぼ丸投げで)

当日までに什器を揃えてくれることになりました。

ここで什器について一切をまるなげできたことで

わたしの負担は、かなり減りました。

ありがとう、STOCKさん!

 

しかし、什器を借りるからにはなんにもないというわけには行かない!

家具なんて販売したことないけど、

なんとか注文を取らねば…!というプレッシャーはありました。

 

後日談ですが…

STOCKさんの家具の注文、はいったんですよ。

それもなんとオープン初日の前日9月8日。

初日のために準備していたら、お客様があがってこられて…

へ?と思っていたら、部屋にはいってこられて、

このテーブルいいわね〜!注文したいわ!と。

そんなことあります???

いえ、お店のオープンは明日からですから!なんて

固いことはことはいいません。

いそいそと注文を承りました。

とりあえず1件の注文がそれで決まったので、

わたしが感じていたプレッシャーは少し軽くなりました 笑

そして、記念すべき初売上。

お店をやるって不思議です。

 

展示用の什器は揃うことになりましたが、

バックヤードを隠したり、レジ周りのカウンターなどが

まだ必要です。

ここは、壁の塗装を手伝ってくれたO夫妻に再びお願いします。

簡単な図面を書いて、それで必要な木材と道具をピックアップしてもらい

コーナンに買いに行きました。

組立作業のときには、わたしはなにもできることがなく、

木材にヤスリをかけたりしていただけのような…^^;

O夫妻は学生時代の友人ですから、いろいろくだらない話も

しながら作業していました。

 IMG_2288

そこで奥さんのほうが、

「お店ができたら、やとってもらわなあかんわ〜」と

冗談のようにいいました。

つぎに旦那さんが作業をしながらわたしの顔も見ず

「おねげえしますだ」と言いました。

 

この一見ふざけているような「おねげえしますだ」に、

わたしはガーン!ときてしまいまして…^^;

旦那さんはいつも遠慮がちで、普段からなにかを

お願いしたりしない人という印象だったし、

あの「おねげえしますだ」は重たかったですね…

本人は覚えてないかもしれませんけど…

いつか人を雇えるときがきたら、働きにきてもらおうと決めました。

それが、今働いてもらっているoguさんです。

________

yae

 ogu

スタッフ紹介はこのページ下部へ

________

 

 

そんなoguさんから、ひとつ不思議な贈り物がありました。

 

IMG_2104

このテーブル。

一枚板がのっかってるテーブルです。

oguさんは、数年前にこのテーブルを知人から譲り受けたそうで、

でも、自分の家にはあわないかなにかで、使わなかったそうです。

そのテーブルの話は、わたしが会社員時代に聞いていて

使わないテーブルをなんでもらったの?と疑問でした。

そのoguさんの答えが

「やえちゃんがお店やるときに使うやろ〜!」でした。

それを聞いたときは、趣佳のことなんて思いついてなかったし、

お店をやろうなんて少しも考えたことがなかったので

なにをテキトーなこと言ってるんだろ…と思って流していたのですが

 

………そのときが来て、こうして届きました。

ちょっとオカルトっぽくてコワイんですけど〜!

 

そのテーブルは姿を変えて、今もここ空堀の店舗什器として

がんばってくれてます。

 

ここまでが改装と什器のお話です。

書いてくと、どれだけ他力本願だったかわかります。

この時期、身近な人に

「自分じゃなんにもでけへんのに、他人巻き込んでやりたいことだけいうな!」と

叱られたことも…

 岩金さんの人徳ですよ〜なんて言っていただくこともありますが、

わたしじゃなくて、わたしに関わってくれる方が

徳が高い方ばかりなんじゃないかと思います。

納期も予算もめちゃくちゃだったのに、

よく手伝おうと思ってくれました、ホントに。

 

8月後半にはオープン日のフライヤーを

街頭で配る夢をよく見ました。

このお話も、次回で最後です!…つづきます。

 

 

O夫妻がつくってくれたレジカウンターとバックヤードを隠す棚。

ステキになりました^^

IMG_2298

 

 

 私事ですが…(って今まで全部私事の話ですけども…)

この改装や什器のこと、告知のことにバタバタとしていた

8月の後半、母が職場で倒れ、救急車で病院に運ばれました。

連絡があって駆けつけたときには集中治療室の中でした。

病名は脳出血で、左半身麻痺に。

 

これからの介護のことを考えたら、お店どころじゃない。

もうダメだと思いました。

しかし、その後のリハビリで話せるようになり、

現在は介護施設で介護をうけながら暮らしています。

カラダに麻痺はありますが、カラオケ好きでものすごい口の悪い(笑)

元気なおばあちゃんになっていますので、

今となってはこの話も笑ってできますが、

このときはホントにどうしたらいいのかわからず…

それでも9月9日はやってくると腹をくくって、

目の前のことをやっていくことで精一杯でした。

 

万事休さない。八方ふさがらない。万策尽きない。人生何とでもなる。

20代のときにお世話になった方が教えてくれた言葉です。

この年は何度もこの言葉をくりかえし唱えました。

 

 

Blog Index

コメントをどうぞ

Comments are closed.

この記事へのコメント

コメントはまだありません

佐々木康弘 陶展

玉木新雌 tamaki niime

営業日のお知らせ

金継ぎワークショップ

玉木新雌 tamaki niime

安土草多

平岡仁

CraftmanShip ものと、ものを作る人、その技術とこだわりについて。

TOP

このページのトップへ

syuca.jp

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます © syuca.jp All rights reserved.