Blog.

玉木新雌 tamaki niime さんの秋冬新作ショールについて。

2014年8月30日

日中は暑さを感じる時間帯もありますが、時おり吹く風を涼しく感じたり、

見上げた空の高さに秋の訪れを感じたり…な今日この頃。

そんな中…

玉木新雌さんのウールショールが届いております。

 

今年の秋冬用ウールショールの「織り」は細かく分けると3種類。

まずはノーマルな織りのショール。従来のショールと変わらない織りです。

tamaki niime 玉木新雌 ウールショール

 

次にジャガード織機で織柄が入っているタイプ。

 tamaki niime 玉木新雌 ジャガード

今までもジャガード織機で織柄をいれるパターンは

ありましたが、今年の織柄は数字とアルファベット。

アルファベットは玉木さんの手書き文字だそうです。

巻いてしまえばそれほどわからないのですが(汗

ちらりと見える数字なんかが、かわいいですよ。

 

それから…今年から新しく加わった織りのタイプがこちら。

「二重織り」です。

tamaki niime 玉木新雌 リバーシブル

↑2枚の生地が縫い合わされています。
 
その名の通り、袋のように2重になっています。

2重になっていることで空気をより多く含み、

あたたかさがアップしています。

ボリュームはノーマルタイプのショールの

だいたい1.5倍ぐらいでしょうか。

リバーシブルショールの大判サイズは、

首に巻くよりもアウター代わりに羽織っていただく方が

使いやすいかもしれません。軽くて、ぬくぬくです^^

 

それから、この織りでできることといえば、

2重に合わさっている生地、1枚ずつの色を変える「リバーシブル」です!

 tamaki niime 玉木新雌 リバーシブル

↑こんな感じです。

ここまでハッキリ違う色の組み合わせだったり、

そんなに違わない色の組み合わせだったり、いろいろです。

 

この3タイプの織りのショールが今年のウールショールとなります。

価格は今までと同じです。

 

最初聞いたとき、2重織りでリバーシブルで

価格が一緒なんて…なぜ??なぜ??

と戸惑ったのですが、

玉木さん曰く

「価格を変えて進化させるのは当たり前で、

 価格をそのままに改良・進化させていくことがつくり手の真価じゃないかと…」と。

(…かえす言葉がありませんでした 汗)

 

毎年進化していく玉木新雌さんの織ものたち。

今年のショールも、ぜひ!

本日中にはオンラインショップでの販売も

スタートいたします。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

 

▼ information!____________

営業日のお知らせや、次回の企画展のご案内、オンラインショップの入荷の情報、

サイトの更新情報など、TwitterやFacebookページ、メルマガで告知しています。

フォローやいいね!、購読をしていただいて、ぜひとも、チェックしてください^^

 

twitterやFacebookは情報が流れてしまいがちです。

ぜひ、メールマガジンのご登録を^^
よろしくお願いいたします。

メールマガジンの登録・解除はこちらから

→ https://m.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=syucajp

 

→ Twitter:趣佳[syuca.jp]

→ Facebook:趣佳[syuca.jp]

 

 

 

 

Blog Index

コメントをどうぞ

Comments are closed.

この記事へのコメント

コメントはまだありません

阿部慎太朗 個展

営業日のお知らせ

金継ぎワークショップ

玉木新雌 tamaki niime

安土草多

平岡仁

CraftmanShip ものと、ものを作る人、その技術とこだわりについて。

TOP

このページのトップへ

syuca.jp

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます © syuca.jp All rights reserved.