Blog.

場をつくること。

2019年8月16日

ファイル_000(2)

夏期休暇も最後となりました。
これを書いているのは13日なので更新日の
16日がどうなっているのかわかりません。
こわいのはこちらへ向かってきている大型台風ですね。
台風の被害も少なくすみますように…とお祈りしています。

この先、趣佳でこんなことやってみたいなーってことがいくつかあります。
それを書こうと思ったんですけど、
変わっていくかもしれないし、結局やらないかもしれないし
先のことはあんまり書かないでおいた方がいいのか…(どっちやねん)

趣佳を始めたときに考えていたのは
「場」をつくりたいということ。

お客さまが暮らしの中で新しい世界を知る場、
つくり手が別のつくり手と出会って、刺激をうけあう場、
お客さまとつくり手が交流し、お互いの理解を深めたのしい時間をすごす場。

そういう場(ステージ)をつくる裏方になりたいと考えていました。

この先のことを具体的には書かずにいますけども、
方向で言えば、暮らしの中で新しい世界を知る場というのを
もう少し具体的にやっていけたらいいなと。

それは自分の世界を広げるということでもあるんですが、
そんなことを考えてます。

でもまだまだみんな手いっぱいでね。
経費にしても人手にしても、いろいろ工夫が必要そうです。

まぁ知るっていってもね、
いまやいろんな人たちがいろんなことを発信しているから、
知ろうと思う人には簡単に情報がはいっちゃうし、
でもそんな中でも趣佳というつながりの中で、
できることもあるんじゃないかと思ってます。

一昨日に更新したブログに書いた小冊子をいずれはつくりたいというのも
 「暮らしの中で新しい世界を知る場」のひとつです。

今の「趣佳のお知らせ」は新しい世界ではなく、
趣佳のスタッフを知る場ですけども…^^;

でもまぁわたしがやることなので、ちょっとずつですけど^^;
早くなくてもいいし、焦るほうがよくないし、
あんなこともこんなことも結びつけて、
出会う人のタイミングで進んでいけたらいいのかな。
そのときを気長にお待ちいただけましたら。

なんか具体的なことを書いていないので、ぼんやりした
ブログになっちゃいましたけども、今考えていることです。

 

さて。

趣佳は明日から常設営業でスタートです。

休み明け、元気よくオープンしております!

どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

Blog Index

コメントをどうぞ

Comments are closed.

この記事へのコメント

コメントはまだありません

玉木新雌 tamakiniime

大井寛史

オカベマキコ

営業日のお知らせ

金継ぎワークショップ

玉木新雌 tamaki niime

安土草多

平岡仁

CraftmanShip ものと、ものを作る人、その技術とこだわりについて。

TOP

このページのトップへ

syuca.jp

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます © syuca.jp All rights reserved.