Blog.

[ランチ・ディナー&ちょっと一杯] 饂飩 きぬ川

2016年2月20日

こんにちは。

今回ご紹介するお店は、趣佳と同じ空掘商店街の中にあり、歩いて2分ほどのお店。

うどんの名店「饂飩 きぬ川」さんです。

IMG_0244

趣佳スタッフも、改装作業中から何度もお伺いしてる大好きなお店です。

お昼時はいつも混んでいて、すんなり入れるとラッキー!って感じ。

僕はお出汁の効いた「とり天カレーうどん」がいつものメニュー。

IMG_0287

弾力がある麺とカレーうどんのお出汁の相性もピッタリ。

また、鶏天の口当たりがすごく軽くて、いくらでも食べれそうな感じです。

他のスタッフは「とり玉天ぶっかけ」がお気に入り。

12713895_945139065540629_1038608803_n

また鶏玉天ぶっかけかよ?って思うほど同じメニューを食べてますね。

まあ僕もいつもとり天カレーうどんを食べてるので、
ヒトのことは言えないですけども・・・^^;

こんな感じで「饂飩 きぬ川」さんにはお世話になってるのですが、
前回、「青藍」を教えていただいたお客様に
「きぬ川さんはお昼もいいけど、夜もすごくいいのよ〜」と
ありがたい情報を教えて頂き、夜の「きぬ川」さんに行ってきました。

DSC04297

まあ夜なんで飲みますね。

まずはビールで。

DSC04301

通常のうどんメニューもあるのですが、ここは一旦忘れて居酒屋モードに。

炙り鯖のきずし♡

DSC04304

 牛すじポン酢

DSC04302

「夜もいいのよ〜」の理由の一つは日本酒が充実してて、
それに合う料理も美味しいからとの事。

納得です。

このあたりで早々に嬉しくなってきて熱燗モードに。

DSC04307

「群馬泉 淡緑(うすみどり)」って群馬のお酒で口当たりが優しいお酒でグイグイいけます。

DSC04306

日本酒に合うってメニューに書いてあった「コロッケのおでん」

DSC04309

お箸を入れるたびに、少しずつ崩れていくコロッケにお出汁が絡まって 旨いのなんの!

日本酒に合うって書いてあったけど、呑むの忘れて夢中でがっついてしまいました^^;

残ったお出汁も一気飲み。

ちょっと文章も長くなってきたので、
おでんの盛合せあたりはサラっと流したいのですけど・・・。

DSC04312

上に乗ってる出汁が沁みたレタスを左奥にあるオリーブオイルで食べるんです!

言葉にうまく出来ませんが、初感覚の体験でした。

豆腐の味噌漬けも濃厚でお酒がすすみまくり。

DSC04310

 日本酒もいろいろ燗にして飲ませて頂きましたけど、印象に残ったのが舞美人っていうにごり酒。

DSC04318

お燗で飲むにごり酒ってすごく美味しいんですね!

あとは燻製チーズ

DSC04314

チクワ天とり天盛合せ。

DSC04315

出汁の昆布を仕入れられてる「こんぶ土居」さんの昆布の旨味三種
(なぜか4種・・ありがとうございます!)

DSC04322

 〆は「うどん屋の中華そば」ってのがあってずいぶん悩みましたけど、やはりうどんで。

お昼のメニューにない「かすうどんハーフ」

DSC04323

すごく上品でやさしい「かすうどん」です。

もちろん旨味もあってカスのコクもあって〆にバッチリ。

 夜の「きぬ川」さんもお昼同様に満足度高し!です。

営業時間はお昼が11:20~14:00(L.O)(土日は14:30)
夜の営業は17:30~20:30(L.O)
定休日は火曜日と月曜の夜営業になります。

移転して新しくなった、からほりの「趣佳」
お立ち寄りの際のご参考にしていただくと嬉しいです。

今回もお付き合いありがとうございました。

 

 

関連ランキング:うどん | 谷町六丁目駅松屋町駅谷町九丁目駅

Blog Index

コメントをどうぞ

Comments are closed.

この記事へのコメント

コメントはまだありません

平岡仁 個展

朝ごはんのうつわ展

営業日のお知らせ

金継ぎワークショップ

玉木新雌 tamaki niime

安土草多

平岡仁

CraftmanShip ものと、ものを作る人、その技術とこだわりについて。

TOP

このページのトップへ

syuca.jp

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます © syuca.jp All rights reserved.