Blog.

パン屋の手紙 往復書簡でたどる設計依頼から建物完成まで(中村好文×神幸紀)

2015年4月19日

パン屋の手紙 往復書簡でたどる設計依頼から建物完成まで(中村好文×神幸紀)

お久しぶりの更新です。やっと4冊目…。

今日読み終えた本は、こちら。

パン屋の手紙―往復書簡でたどる設計依頼から建物完成まで

建築家の中村好文さんのところに、

北海道にあるパン屋さんから建築依頼の手紙が届きます。

パン屋さんが書く文章から感じ取れる

その実直さに心を打たれた好文さんは建築依頼を受け、

建物完成までのやりとりが続きます。

それが掲載された本です。

なんというか、この本を読んでいる間、

なんとも言えない幸福感に包まれるんです。

幸福感にもいろいろあると思うんですけど、

いいお天気の日に、体調もよくて

気温も湿度もちょうどいい森林のなかにいるような、

過剰ななにかに満ち満ちている幸福感ではなくて、

自分の中からじわっと染み出てくるような

とても穏やかで静かな気持ち。

手紙というツールで、建物ができあがる間の

状況報告やお互いの気持ち、考えを

ことこまかにやりとりしている

贅沢で貴重な資料を拝見させていただいている

というありがたさもあって、

ちょっと神聖な気持ちにもなります。

 

本音のやりとりのようなきわどい言葉もあって、

ドキッとしますが、あれはとっても大切な指摘だったと思います。

 

↓ 興味のある方はこちらから。

 

 

中村好文さんのファンになったし、

神さんのパンをいつか食べてみたいです^^

 

 

Blog Index

コメントをどうぞ

Comments are closed.

この記事へのコメント

コメントはまだありません

店舗5周年企画展

営業日のお知らせ

金継ぎワークショップ

玉木新雌 tamaki niime

安土草多

平岡仁

CraftmanShip ものと、ものを作る人、その技術とこだわりについて。

TOP

このページのトップへ

syuca.jp

見出し、記事、写真の無断転載を禁じます © syuca.jp All rights reserved.